発電所の立地自治体などでつくる九州地方電源地域連絡協議会の本年度総会が14日、唐津市で開かれ、原発関連の交付金は立地だけでなく、距離も勘案し、隣接自治体にも配慮すべきとの意見が出た。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加