九州電力は13日、熊本地震の被災地を対象とする電気料金の支払い猶予期間を最長で6カ月に延ばすと発表した。住宅再建などの復旧が続いているためで、3~6月分の料金が対象。適用を受けるには最寄りの営業所へ連絡が必要となる。

 災害救助法が適用された熊本県全域のほか、隣接する福岡、大分、宮崎、鹿児島各県の計15市町村が対象。3月分は6カ月、4月分は5カ月、5月分は4カ月、6月分は3カ月それぞれ延長する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加