佐賀県母子寡婦福祉連合会(吉村マサ子理事長)の創立65周年記念研修大会が12日、鳥栖市民文化会館であった。会員や福祉関係者約500人がひとり親家庭の自立を目指し、支援を強化することを誓い合った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加