佐賀市嘉瀬地区共乾施設利用組合の使途不明金問題で、現金を不正に流出させたとして、組合が元組合長らに約5000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、佐賀地裁(不破大輔裁判官)であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加