後多久家初代の多久安順に仕え、筑紫流箏曲(そうきょく)の創始者として知られる諸田賢順(1534~1623年)をしのぶ会が13日、多久市多久町の専称寺であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加