強い台風16号は14日、フィリピンの東海上を北寄りに進んだ。16日から17日にかけて勢力を強めながら沖縄・先島諸島に接近する恐れがあり、気象庁が早めの台風対策を呼び掛けている。台風16号は今後、18日から19日にかけて九州に近づく可能性がある。

 気象庁によると、台風16号は14日午後9時現在、フィリピンの東海上を時速約20キロで西北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。先島諸島では、15日はうねりを伴ったしけとなり、16日から17日にかけて大雨や暴風となる見込み。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加