■住民と専門家 カフェ、屋形船の復活も 嬉野市塩田町の重要伝統的建造物群保存地区「塩田津」の未来について語り合うワークショップが12日、塩田公民館であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加