韓国の朴鎭雄(パクジンウン)福岡総領事と佐賀・福岡両県の県民ら約40人が13日、有田町の県立九州陶磁文化館や、現在の韓国公州(コンジュ)市出身で日本で初めて磁器を作った陶祖李参平の碑などを訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加