浴衣を着た女性が地酒を味わいながら“秘窯の里”の風情を楽しむイベント「地酒小路(じざけこうじ)」が17日午後5時から、伊万里市の大川内山で開かれる。参加費4500円で、地酒飲み放題と地元シェフの料理が味わえる。参加者100人を限定募集している。女性を対象にしたイベントだが、男性も参加可。

 主催は30代を中心に地域を盛り上げるグループ「GOLD U-35」。代表の森永一紀さんは「大川内山の観光資源としての可能性を地元の人に知ってもらい、広く発信したい」と話す。

 鍋島藩窯の歴史を受け継ぐ窯元を巡り歩きながら、市内3蔵元の地酒やスパークリング酒、梅や紅茶のリキュールを飲み、地元シェフが腕を振るった特製料理が食べられる。浴衣や和装の参加者には大川内山で焼いたオリジナル酒器を贈るなどの特典付き。食と教育についてのトークセッションや、筋肉自慢の男性らの「メンズ浴衣ショー」もある。

 会場へは伊万里駅から無料シャトルバスを運行する。詳しい情報や申し込みはホームページjizakekouji.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加