■人口は現在の倍以上4万5000人 志佐喜栄(多久市郷土資料館) 昭和30年代前半、多久市には三菱古賀山・明治立山・明治佐賀といった大手3鉱のほか、中小8鉱が操業していました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加