佐賀県市長会(横尾俊彦会長)は22日、空き家等特措法に基づく「特定空き家」の認定に関し、県内での統一的な基準を策定することなど32項目の知事要望をとりまとめた。8月20日に提出する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加