視察のため、佐賀県を訪れたミサワホームの磯貝匡志副社長(58)。人口、世帯数減少に伴い、住宅着工数も今後は減少するとみられるが、「空き家市場は右肩上がりで、リフォームやシェアハウス化などで活用できる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加