鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は14日開会の県議会で就任後初めて所信表明し、九州電力に川内原発(薩摩川内市)の即時一時停止を2度にわたり要請し、拒否されたことにあらためて「極めて遺憾」と述べた。県庁内に原子力問題を議論する有識者委員会を設置し、提言を得たいとしている。

 九電は10月以降、川内原発を止めて定期検査に入る予定。検査後の運転再開を三反園知事が容認するかの判断に、委員会の提言が影響する可能性がある。知事に原発を止める法的な権限はない。

 三反園知事は所信表明で、要請をしなければ、九電から避難道路の整備支援などを取り付けられなかったと説明。「安全対策は3歩も4歩も進んだのではないか」と成果を強調した。

 その上で九電が法令に基づく定期検査とは別に実施する「特別点検」を専門家と一緒に視察するとした。「原発に頼らない社会をつくっていきたい」とも話し、太陽光、バイオマスなど再生可能エネルギーの導入を推進する考えを示した。三反園知事は、「脱原発」を掲げて7月の知事選に当選。熊本地震で県民の不安が高まっているとして、川内原発を一時停止し、再点検することを公約にしていた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加