厚生労働省は14日、労働政策審議会の分科会を開き、育児休業の期間延長に向け議論を始めた。現行は最長1年半で、仕事と育児の両立を後押しするため最長2年への延長を検討する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加