ドイツ・ツァイツ市を訪れる「鳥栖市子ども交流団」の結団式が23日、市役所であった。現地でのホームステイを楽しみに事前研修を重ねてきた中高生10人が「ドイツの文化を多く吸収してきたい」と抱負を語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加