江戸時代中期から伝わる「浜崎祇園祭」が25日、唐津市浜玉町で始まった。高さ15メートル、重さ5トンの巨大な山笠3台が、軽快な祭り囃子(ばやし)に合わせて町内を練り歩いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加