シンガーソングライター、さだまさしさんは小説も書く才人である。映画化もされた『解夏(げげ)』は難病に侵され、やがて両目の視力を失うという運命を背負った若者の物語◆病で職を辞して、故郷の長崎へ帰る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加