皆さま、産業医とはどういう仕事かご存じでしょうか? 事業者(会社経営者)は、労働者の健康管理のために、産業医を置いています。産業医には多くの仕事(役割)がありますが、例えば、健康診断の実施およびその結果に基づく労働者の健康を保持するための措置を講じます。

 次に、厚生労働省令で定める要件に該当する者(月100時間超の残業により疲労の蓄積が認められる労働者)に対し、面接指導およびその結果に基づく必要な措置を実施します。心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)や面接指導の実施、その結果に基づく労働者の健康を保持するための対応が義務づけられました(平成27年12月から施行)。悩みを抱える方に、産業医は面接指導の申し出を行うよう勧奨する場合もあります。

 さらには、作業環境の維持管理と改善として、少なくとも毎月1回の作業場等巡視(職場の見回り)を行い、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を取ります。労働安全衛生委員会を毎月実施し、健康教育や健康相談も行います。そのほか、労働者の健康の保持増進を図るための対応。事業者に対し、労働者の健康管理などについて必要な勧告をすることもできますし、事業者が勧告を受けたときは、これを尊重しなければなりません。

 最近、産業医として悩むことがあります。メンタル疾患をもっている方を精神科医に紹介する際、現在どのような治療を受け、どのような状態にあるかを把握できない場合があります。病院に連絡すると、「守秘義務で患者さんのことは一切教えられません」と断られたこともあり、産業医が患者さんの正確な情報を知ることができないわけです。

 特に、自殺の危険性が高い場合、産業医と一般医および精神科医と円滑なコミュニケーションが自殺予防につながる可能性は高く(例えば、休職を勧めるなど)、危機管理を考える上で、より重要な課題になります。これからは医療者間の連携が大切です。

(佐賀大学本庄事業場産業医・精神保健指定医 佐藤武)

このエントリーをはてなブックマークに追加