台風16号(16日21時現在)

 非常に強い台風16号は16日、沖縄の南海上を北寄りに進んだ。発達しながら非常に強い勢力で17日昼ごろにも先島諸島に接近する恐れがあり、気象庁が暴風、高波に厳重な警戒を呼び掛けた。台風16号は北上を続け、20日から21日にかけ西日本に近づく可能性もある。

 先島諸島では台風16号の接近に伴って大雨が降る見込み。気象庁によると、台風16号は16日午後9時現在、与那国島の南約270キロを時速約20キロで北北西に進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加