9月定例佐賀県議会は16日、一般質問最終日の質疑を行い、県内20市町に集約した平成の合併について、山口祥義知事は「メリットばかり強調していた」と、当時の県の進め方に疑問を呈した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加