起業前に考えておくべきポイントについて話す渡邊香子さん(右)=鳥栖市のフレスポ鳥栖

◆「自分の強み見つけて」

 地域での起業を目指したり起業に関心を持っていたりする女性限定の起業講座が15日、鳥栖市のフレスポ鳥栖であった。市内外の女性13人が参加し、市内で企画・制作会社を起業した渡邊香子(きょうこ)さんから起業前に考えておくべきポイントについて聞き、意見交換した。

 スモールビジネスを応援しようとNPO法人とす市民活動ネットワークが主催した。すでにインターネットでの販売事業を立ち上げたり、シニアによる手作りマーケットを定期的に開いていたり、30歳代になったら起業したいという人などさまざまなメンバーが参加した。

 渡邊さんは2014年から企画・制作の個人事業を始め、ことし6月に法人化した。起業で大事なこととして、自分の強みを見つけ、家族の理解や協力を十分に得て、最後に冷静に起業すべきかどうかを判断するよう助言。自身の取り組みでは、広告代理店業界は男性が多いことに目を付け、「女性目線で女性に訴える集客方法を提案できる」と話し、女性を前面に打ち出した営業トークで顧客を開拓し、名刺も女性らしいデザインにしたことを紹介した。

 「起業は結婚みたいなもの。失敗しないためには、少しでも迷いがあったら立ち止まって」というメッセージも送り、笑わせていた。参加者からは「起業後、お金を回していけるか不安」などの質問があり、参加者同士での意見交換も行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加