食品コーナーに並ぶ、おじいちゃんおばあちゃんをテーマに描いた園児の絵=佐賀市のアルタ開成店

 「敬老の日」に合わせ、佐賀市の食品スーパーのアルタ・ホープグループが、園児が描いた「おじいちゃんおばあちゃんの絵」を展示している。売り場コーナーに並ぶ画用紙いっぱいに広がる家族の笑顔が来店者を出迎えている。25日まで。

 市内の幼稚園と保育園16園の園児たちが描いた作品約900点を、佐賀市内の4店舗(開成店、高木瀬店、新栄店、ゆめ咲きいちば)に飾っている。クレヨンや絵の具を使い、おじいちゃんとおばあちゃんが手をつないだ絵や家族がほほえむ似顔絵に「だいすき」とメッセージを添えた作品が並んでいる。担当者は「心のこもった作品がそろっているので、見てもらえたら」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加