鳥栖-広島 後半、退席処分を受け、ピッチの外で試合を見守るフィッカデンティ監督=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 鳥栖のフィッカデンティ監督が判定に不服を申し立てて猛抗議をした末に退席処分を受けた。

 1点を追う後半2分、MF金民友(キム・ミヌ)のFKをDF谷口が頭で合わせてネットを揺らしたが、ライン審判が旗を上げオフサイドと判定。これに怒った監督が、サイドラインの内側に入ってしまった。

 監督は会見にも現れず、次節の大宮戦は指揮を執れないことが決定的。MF高橋は「監督もベンチですごく戦ってくれていた。それが無駄にならないようにしっかり準備していきたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加