Begin特別講座の「アイ・サロン」で高齢者がかかりやすい眼病について解説した好生館の古賀隆史眼科部長=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀新聞のメンバーズクラブBeginの特別講座「アイ・サロン」(ヨネザワ共催、HOYA協力)が17日、佐賀市の佐賀新聞社であった。目の健康や眼鏡の選び方など4つのセミナーが開かれた。

 県医療センター好生館の古賀隆史眼科部長は、高齢者がかかりやすい白内障について手術映像を見せながら解説した。古賀部長は「手術精度も上がってきており、早い段階で受けることを勧めたい」と話した。

 失明の原因で、欧米で1位、国内では4位となっている網膜中心部の黄斑に障害が生じる加齢黄斑変性について、日差しや喫煙、加齢が原因と説明した。高額ではあるが注射やレーザー治療が有効と紹介した。

 白内障の初期段階と診断されている佐賀市の女性(61)は「手術について理解が深まった。早めに手術を受けたい」と話した。

 このほか、SKクリエイティブアートディレクターの下重恵子さんによるTPOに応じた眼鏡のかけ替え術や、ビューティークリエイターの中野ちさとさんによる食と美容の講義もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加