第54回県アマチュア野球王座決定戦大会(佐賀新聞社・県軟式野球連盟主催)は17日、佐賀市のみどりの森県営球場など4会場で開幕した。第1日は1回戦16試合があり、前年優勝のひらまつ病院、呼子マーメイド(唐津)などが2回戦に駒を進めた。

 ひらまつ病院は嬉野市役所(藤津・嬉野)に13-0で五回コールド勝ち。呼子マーメイド(唐津)は先発堀川健が無安打無失点の好投を見せ、伊万里信用金庫(伊万里)を1-0で下した。

 試合に先立ち同球場で開会式があり、佐賀新聞社の峰松洋史営業局事業部長と県軟式野球連盟の古賀盛夫会長が「最後まで諦めず、練習の成果を見せてほしい」とあいさつ。ハーツ(鳥栖)の鬼塚瞭汰主将が「たった一つの王座を目指し元気はつらつプレーする」と選手宣誓した。

 第2日は18日、同球場など4会場で2回戦と準々決勝計12試合を行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加