呼子マーメイドの左腕堀川健が、コーナーを丁寧に突く投球で無安打無得点試合を達成した。呼子は四回1死から6番磯崎が中前打で出塁。続く川崎が左中間に適時二塁打を放って1点を挙げ、これが決勝点となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加