わずか35年の生涯で、近代俳句の礎を築いた正岡子規。きょうは114回目の命日である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加