話題の「暮しの手帖」のバックナンバー。図書館は資料保存の役目も担っている

「真理が我らを自由にする」

 この言葉は、東京の国立国会図書館に掲げてある、国立国会図書館法の前文の一部です。設立の理念ともいうべき言葉で、新約聖書の「真理はあなたたちを自由にする」に由来するといわれています。

 図書館における真理とは何でしょう。数々の物事や宇宙の理論、世界中の歴史や物語、人間が営む生活や文化まで、ありとあらゆる事柄や情報がつまった「本」。その中に描かれているものが真理です。

 その真理を追究するために人は本を読み、学び、考えを深めます。

 どんな小さなまちの図書館であっても、真理を、そして自由を求める住民のために、資料を収集し情報を提供しています。図書館にある真理を見つけること、それは人が自由に生きることにつながるのです。

=いすの木のもとで 伊万里市民図書館だより=

このエントリーをはてなブックマークに追加