保護司が保護観察の対象者との向き合い方を学ぶ自主研修会が2日、佐賀市の東与賀農村環境改善センターであった。県内の保護司約100人が、定期的に行う面談で生かすことができる対話の方法を実践して学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加