三愛ロジスティクスが七回に5点差をひっくり返しサヨナラ勝ちした。七回1死から執行の内野安打などで満塁とし、本田、副島、大隈の連続単打で4点。最後は七島が中越えの2点二塁打を放ち決着した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加