2回戦・三愛ロジスティクス-友朋会嬉野温泉病院 逆転サヨナラのホームを踏む三愛ロジスティクスの大隈稔彦(中央)=佐賀市のみどりの森県営球場

 三愛ロジスティクスが七回に5点差をひっくり返しサヨナラ勝ちした。七回1死から執行の内野安打などで満塁とし、本田、副島、大隈の連続単打で4点。最後は七島が中越えの2点二塁打を放ち決着した。

 友朋会嬉野温泉病院は三回に5点を奪ったが、その後は打線が途切れた。

◆ハイライト 最終回6点、窮地で意地

七島、6回の汚名返上

 勝利の瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出し歓喜に沸いた。窮地に追い込まれた三愛ロジスティクスが、七回に5連打などで5点差の試合をどんでん返し。中越えの豪快な逆転サヨナラ打を放った7番七島龍馬は「打ったのは真っすぐ。とりあえず同点にしようと、つなぐつもりだった」と話した。

 雨脚が強くなった第3試合。先発の山口将太が制球に苦しみ3四球などで5失点し、打線も安打数で相手を上回りながらも無得点で進行し、六回の二死満塁の場面は七島が三振に倒れていた。

 ただ、雨が弱まるとともに攻守に手応えを感じていたナインの雰囲気は明るかった。打線をつなぐ意識を高め、再び満塁機が訪れた七島が殊勲打で汚名を返上した。

 「いつか点が取れると、みんなあきらめずに戦ってくれた」と柴田秀一監督。選手たちの粘りをたたえ、喜びを分かち合った。

友朋会嬉野温泉病院(藤津・嬉野) 005 000 0 ─5

三愛ロジスティクス(鳥栖)    000 000 6x─6

(友)野口-土屋

(三)山口、石井-七島

▽二塁打 鵜池、松本(友)七島(三)

このエントリーをはてなブックマークに追加