トヨタ紡織九州-大同特殊鋼 前半、シュートを放つトヨタ紡織九州のPV酒井翔一朗(右)=茨城県のひたちなか市総合運動公園総合体育館(スポーツイベント・ハンドボール提供)

 第41回日本ハンドボールリーグ第2週第2日は19日、茨城県のひたちなか市総合運動公園総合体育館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は大同特殊鋼(愛知県)に24-32で敗れ、開幕3連敗を喫した。暫定順位は9位。

 トヨタ紡織九州は前半、先行しながらも終盤に追い上げられて16-16で折り返すと、後半はミスが続いて5連続失点などで突き放された。

 トヨタ紡織九州は第3週第1日の22日午後3時から、長崎県の佐世保市体育文化館で大崎電気(埼玉県)と対戦する。

▽男子

大同特殊鋼   32―24 トヨタ紡織九州

(2勝1分け)(16―16)   (3敗)

       (16― 8)

トヨタ車体 30-24 トヨタ自動車東日本

(3勝) (11―14) (2敗)

     (19―10)

豊田合成 30―27 大崎電気

(3勝)(15―13)(1分け1敗)

    (15―14)

琉球コラソン 29―26 北陸電力

(2勝1敗)(12―12)(3敗)

      (17―14)

▽女子

ソニーセミコンダクタ 16-14 飛騨高山

(1勝1敗)     (7―9)(3敗)

           (9―5)

北国銀行 30―19 三重バイオレットアイリス

(2勝)(14― 9)(2勝1敗)

    (16―10)

広島メイプルレッズ 20―16 HC名古屋

(1勝2敗)   ( 9―10)(1勝2敗)

         (11― 6)

このエントリーをはてなブックマークに追加