要約筆記者の養成講座が10月8日から、鳥栖市社会福祉会館で始まる。県聴覚障害者サポートセンターは「聞こえにくい人たちのために情報支援の仕方を学んで」と呼び掛けている。

 要約筆記は、病気や事故など中途で聞こえにくくなり、手話を知らない人に有効な情報伝達の手段。耳が遠くなったお年寄りにも、文字だとより分かりやすく正確に情報を伝えることができる。

 講座は来年3月18日までの毎週土曜日、全21回。午前10時から午後3時までで、ノートパソコン(vista以上)を持参できることが条件。受講料無料。テキスト代3400円。

 事前申し込みが必要で、24日締め切り。申し込みは同センター、電話0952(40)7700。

このエントリーをはてなブックマークに追加