緒方勝徳杯第14回中学生クロスカントリー選手権大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催)が22日、鹿島市陸上競技場クロスカントリーコースで開かれる。県内外の310人が男女、学年別の6部門で頂点を競う。

 各学年とも男子が3キロ、女子が2キロを走る。3年男子は、全国中学校体育大会に出場した野下稜平(鳥栖)が故障のために不出場。ともに粘り強い走りを身上とする中島一成(青嶺)や川崎輝人(福富)を中心に、優勝争いは混戦となりそうだ。

 3年女子は序盤から積極的な走りを展開する山口遥(青嶺)がリードし、2年同は松浦亜依(鹿島西部)に力がある。

 競技は午前9時15分に1年女子からスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加