三根西小(陣内富子校長)の6年生25人が19日、地域の防災について調べた成果を発表した。町の洪水ハザードマップやアンケート結果などを踏まえ、日頃の備えや適切な対応を取るための知識の大切さを訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加