佐賀県立高の生徒の成績を管理するインターネット上のシステムに侵入したとして、不正アクセス禁止法違反などの容疑で家裁送致され、初等・中等(第1種)少年院送致の決定を受けた佐賀市の無職少年(17)について、福岡高裁は20日までに、不服とした少年の抗告を棄却する決定をした。15日付。

 高裁は「少年院送致とした処分に著しい不当はない」とした。【共同】

【関連記事】
コラム・記者席 県教委は大丈夫か
不正アクセス少年が抗告 少年院送致決定に不服
不正アクセスで17歳少年を追送検
不正アクセス 17歳少年の審判開始
佐賀県、個人情報を誤掲載
論説 教育情報不正接続
不正アクセス 生徒や保護者へ再度説明を
教育情報不正アクセス、7生徒が流出情報共有
成績管理システム、21万件不正入手 佐賀の少年再逮捕
佐賀県立中高9校が被害 佐賀県教委、1万人分まで確認
成績まで流出、学校動揺 生徒「二次被害怖い」
教育システム侵入 高校生15人に聴き取り
カード使わずTV無料視聴 佐賀市の少年逮捕
県立高タブレット導入1年 教員、生徒「四苦八苦」
タブレット端末、県立高導入まで2カ月

このエントリーをはてなブックマークに追加