九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関連し、九電が補正書を提出したことについて、佐賀県の山口祥義知事は20日、「しっかりと説明責任を果たしていただきたい」と述べ、県から九電に住民説明会の開催を求める可能性を示唆した。

 山口知事は再稼働に関し、国から要請があった後に他県の事例も参考にしながら県の考えを整理していく従来の姿勢を示した上で「その中で九電が果たすべき役割がある」と指摘した。再稼働が県民世論を二分する中で「住民にしっかり説明を果たしてもらうことが、電力会社の一番の使命だと思う」と強調した。

 県庁で記者会見した九電は、これまでも自治体や地域の代表を対象に戸別訪問などを実施しており「大規模な住民説明会を開く予定はない」と述べた。一方で、地区や団体など小規模な説明会は「要望があれば伺うことはある」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加