夕暮れと共に庁舎南側が彩られるイルミネーション=みやき町役場中原庁舎

 みやき町役場中原庁舎が夕暮れと共にきらびやかに彩られる「光のミラージュ2016」が開かれている。見慣れたはずの庁舎が昼間とは異なる装いに生まれ変わり、来場者を楽しませている。1月8日まで。

 町の有志でつくる「J-style」(水田敦史代表)が毎年スポンサーを募って開き、12回目。約5万個のLED電球で庁舎南側を飾り付け、屋上まで届く緑色の巨大ツリーのほか、かわいらしい雪だるまの置物、青く輝く光のトンネルなど多彩なイルミネーションが設置されている。

 自治体の補助金などはあえて申請せず、電球購入代や電気代などは全て協賛金で賄っている。水田代表は「中学生から『活動に加わりたい』といううれしい申し出もあり、催しの定着を実感している。町の皆さんに守り、育ててもらった光を見に来て」と話す。

 点灯は午後6時~同10時。クリスマスイブの24日、最終日の1月8日は深夜まで、大みそかは元日早朝まで点灯する。

このエントリーをはてなブックマークに追加