新リーグ創設の構想を発表し、写真撮影に応じる日本バレーボールリーグ機構の嶋岡健治会長(左)と佐藤直司副会長=20日午後、東京都千代田区

 バレーボールのプレミアリーグなどを主催する日本バレーボールリーグ機構は20日、東京都内で記者会見を開き、新たに「スーパーリーグ」を創設してプロ化を目指す構想を発表した。2018年秋の開幕を目指す。11月末までに参加チームを募り、6チーム以上あった場合に発足する。足りなかった場合は発足を見送る。

 嶋岡健治会長は「企業主体となっている部活のような形から脱却し、地域を巻き込んだこれまでと違うものにしていきたい」と話した。現行のプレミアリーグは大半が企業による実業団チームで構成されるが、スーパーリーグ参加のためには運営母体がバレーの事業をする独立した法人となることが必要。選手の雇用形態はプロを目指すが、当面はこだわらない。

 試合はホームアンドアウェー方式で行われ、チームは主催試合を運営して入場料収入などを得る。各チーム名にはホームタウンとする自治体名を入れることを求め、企業名も加えられる。佐藤直司副会長は「企業チームとして障害となる要素を極力入れないようにした」と説明した。プレミアリーグや下部のチャレンジリーグは従来通り存続する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加