靴の正しい履き方を学ぶ子どもたち

 中島大輔さん(佐賀市、なかしま鍼灸(しんきゅう)整骨院院長)を講師に迎え、「クツって大事! 足の健康」と題した交流会「ハッピーマミー」を開きました。子どもたちが靴の選び方や正しい履き方、ひもの締め方を学びました。

 最近は小学生でも外反母趾(ぼし)、内反小趾、巻き爪、浮き指、タコなど足のトラブルが見られることがあります。これは靴が足に合っていないことが原因です。靴が合わないと猫背など姿勢の乱れを招き、さまざまな体の不調につながります。

 私たちは普段あまり意識せずに靴を履いていますが、正しい選び方、履き方が健康のために重要だと分かりました。

 ハッピーマミーは幼稚園、保育園就園前の子どもとその保護者を対象に毎月第2木曜に開催しています。気軽に参加してください。(金立公民館)

このエントリーをはてなブックマークに追加