■藻類事業地購入に遅れ

 佐賀市議会の一般質問は15、16、18日の3日間で10人が市のバイオマス事業などについて尋ねた。

 【バイオマス事業】

 佐賀市は、市清掃工場北側21ヘクタールの農地を藻類培養事業予定地として購入する計画を進めている。議員がスケジュールを尋ねた。喜多浩人環境部長は「用地購入時期は2017年度の早い段階と説明していたが、農地関連の手続きが遅れており、現在は2017年末を予定している」と述べた。用地の藻類企業への売却時期は、18年度になるとの見通しを示した。

 【武道館整備】

 議員が2023年の佐賀国体などを見据え、武道館建設の考えがあるか質問した。江副元喜社会教育部長は「佐賀市に造った場合の利用者数や利用見込み、隣県、他市の武道館設置状況、利用実績を調査研究している」とした上で、「佐賀市全体のスポーツ施設の整備を検討する中で、武道館施設についても研究したい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加