第96回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の近鉄花園ラグビー場で51校が出場し開幕する。35年連続45度目の県代表となった佐賀工は、5年ぶりのベスト8以上を目指し28日に初戦を迎える。大会を前にチームの戦力を紹介する。

■強力バックス走るFW

 佐賀工は日本代表候補2人と大型CTBを擁し、ハンドリングの技術とFWの脚力をチームの持ち味とする。仁位岳寛監督は「ラインアウトに心配はなく、セットプレーでどれだけ安定できるかが上位進出への鍵を握る」と語る。

 FW陣の中核を担うPR岡輝剛は96キロの体格を生かしたパワーと運動量を併せ持つ。日本代表候補のナンバー8永田義樹は空中戦とラインアウトでの活躍に期待が集まる。同じく日本代表候補のSO龍野光太朗はスピードとパスワークに優れ、主将としてチームメートの信頼も厚い。

 バックスでは、184センチの長身のCTB福士萌起が縦の突破力に加え、脚力も向上しスピードをつけた。2年生CTBの小柳琢登も186センチあり、ダイナミックな左キックが魅力だ。FB松本純弥はステップにキレがあり、カウンターキックを得意とする。小柳と松本はU17代表の最終候補にも選ばれている。

 1回戦(28日午前10時開始)は黒沢尻工(岩手)と対戦。勝てば2回戦(30日午前9時開始)でBシードの常翔学園(大阪第2)とぶつかる。常翔学園は大型FWでスクラムや縦の攻撃が強く、オフロードパスを多用する。第91、92回大会で敗れた相手だけに、仁位監督は「自分たちがやってきたことを出し切るだけ」と雪辱を期す。

●佐賀工の過去5回の大会成績

■第91回(2011年度)

 2回戦 62-7 熊本西

 3回戦 14-7 国学院久我山(東京第1)

 準々決勝14-31 常翔学園(大阪第2)

■第92回(12年度)

 1回戦 38-12 仙台育英(宮城)

 2回戦 28-0 日本航空石川

 3回戦 0-48 常翔学園(大阪第1)

■第93回(13年度)

 1回戦 17-13 新潟工

 2回戦 76-3 大津緑洋(山口)

 3回戦 17-34 大阪桐蔭(大阪第2)

■第94回(14年度)

 1回戦 34-14 札幌山の手(南北海道)

 2回戦 19-3 秋田中央

 3回戦 10-58 東福岡

■第95回(15年度)

 1回戦 24-21 春日丘(愛知)

 2回戦 71-3 明和県央(群馬)

 3回戦 12-58 桐蔭学園(神奈川)

●メンバー

監督 仁位 岳寛

部長 枝吉 巨樹

PR 藤原 裕基 3 173 97 水巻南(福岡)

HO 石川 大貴 2 178 93 八女学院(福岡)

PR 岡  輝剛 3 178 96 成章

LO 山田大二郎 3 180 80 大和

LO 山崎  海 2 187 87 吉井(長崎)

FL 水間 夢翔 1 168 75 明野(大分)

FL 松田 晃汰 2 180 88 戸次(大分)

No.8 永田 義樹 3 182 84 府中第十(東京)

SH 瀧石 大翔 3 174 69 判田(大分)

SO 龍野光太朗◎3 170 76 高鍋西(宮崎)

WTB吉岡 聖那 3 171 70 鹿島西部

CTB小柳 琢登 2 186 86 吉井(福岡)

CTB福士 萌起 3 184 90 鍋島

WTB江頭 照悟 3 167 70 鳥栖

FB 松本 純弥 2 171 76 坂元(鹿児島)

PR 岩永 幹也 3 180 85 鹿島西部

PR 馬場 龍之 3 172 104 塩田

PR 岩永 豊和 3 165 100 白石

PR 谷口  颯 2 168 105 成章

HO 大塚慎太郎 2 170 83 鍋島

LO 定松 禎樹 3 175 95 川副

LO 山内 開斗 2 187 95 田代

FL 山田 海斗 3 174 70 川副

FL 中尾 太河 2 175 82 城北

SH 津岡龍之介 3 174 68 城南(福岡)

SH 副島  柾 3 170 60 成穎

SO 松尾  淳 3 168 65 武雄

CTB松崎 圭吾 3 168 70 厳木

WTB仲西 海人 2 173 71 志摩(福岡)

WTB甲斐 翔太 3 172 65 高鍋西(宮崎)

WTB坂井 星太 2 178 73 昭栄

(左からポジション、名前、学年、身長、体重、出身中学、◎は主将。メンバーは変更あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加