民進党の蓮舫代表は21日午後、党本部で両院議員総会を開き、先に承認された野田佳彦幹事長を除く主な役員人事を提案する。承認を経て、新執行部が正式発足する。総会後、初の執行役員会を開催する予定だ。神本美恵子副代表兼男女共同参画推進本部長に続投を、近藤昭一幹事長代理には副代表就任をそれぞれ打診した。

 代表が指名する常任幹事の一人に前幹事長の枝野幸男氏を充てる。一方、赤松広隆前衆院副議長は常任顧問への就任を要請されたが固辞したことが判明。代表選の対立候補だった前原誠司元外相も常任顧問に就くことを拒んでいる。

 蓮舫氏は20日、野田氏と党本部で会談し、人事を最終確認した。

 これまで代表代行には安住淳国対委員長、細野豪志元環境相、江田憲司代表代行の3氏が内定。政調会長に大串博志政調会長代理、選対委員長に馬淵澄夫元国土交通相、国対委員長に山井和則国対委員長代理の起用がそれぞれ固まっている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加