使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル政策の「本命」とされた高速増殖炉もんじゅ(福井県)について政府が21日、廃炉を前提に抜本的に見直す方針を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加