熊本地震の被害状況報告会が21日、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスであった。地盤工学の調査員が、石垣が崩落した熊本城の修復に関し、後世のために耐震化する必要性を訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加