■釉薬工夫、色が変わる!? 西松浦郡有田町の陶磁器商社「金照堂」(金子真次社長)が開発した土瓶とカップが、パリで10月から半年間展示される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加