火をともした灯籠の周りで横断幕を持ち、闘病者への支援などを訴えた参加者=昨年9月、佐賀市のどん3の森

 がん制圧や患者支援を目的としたチャリティーイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016佐賀」(同実行委主催)が24、25の両日、佐賀市天神のどんどんどんの森で開かれる。参加者が会場内特設コースをリレー形式で24時間歩き続け、がんに負けない佐賀づくりへ心を一つにする。

 患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、がん制圧に向けた勇気や希望を分かち合うアメリカ発祥のイベント。日本では06年から開かれており、県内では昨年初めて実施した。

 24時間交代で歩く「リレーウオーク」は患者や支援者らのほか、当日会場でも参加を受け付ける予定で、誰でも気軽に参加できる。がん患者によるトーク、ティーンズミュージカルSAGAのステージ、専門医による青空がん相談など多彩な催しもある。

 実行委事務局は「がん撲滅に向け、多くの人に参加してもらいたい」と呼び掛ける。問い合わせは事務局の福島さん、電話090(7445)5689。

このエントリーをはてなブックマークに追加