JR鳥栖駅駅舎の文化財の価値を検証している鳥栖市文化財保護審議会が23日開かれ、建築物を調査した大森洋子久留米工大教授(建築学)が「明治期の構造や外観のデザインがほぼ残っていて、当時の洋風建築を知る…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加