■県内農協、取り組み加速。韓国製輸入 TPP(環太平洋連携協定)の発効を念頭に、政府与党が「強い農業への転換」を見据える中、肥料や農薬など生産資材の価格引き下げが焦点になっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加