第139回九州地区高校野球佐賀大会第6日は24日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦3試合があり、佐賀学園、東明館、神埼清明が準々決勝に進出した。

 佐賀学園は先発藤崎が好投して有田工に5-0で快勝。東明館も緒方雄が被安打3無失点で鹿島実を5-0で破った。神埼清明は先発三好永が9回1失点に抑え、多久を5-1で退けた。

 第7日は25日、同球場で3回戦の残り3試合があり、8強が出そろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加