佐賀市の大隈重信旧宅で48年ぶりに葦葺(よしぶき)屋根の葺き替え作業が行われている。県内でも少なくなった葦の葺き替えの光景。24日には見学会があり、訪れた市民が職人による作業の様子を興味深く見守った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加